ホームページ作りに大切な要素

ホームページが得意とすること。

「伝えること」

「繋げること」

何かいい話を伝えたり、商品の魅力を伝えたり、 今日の出来事を伝えたり、人と人を繋げたり、人と物を繋げたり、人と音楽を繋げたり、ホームページが得意とすることは、「伝えること」と「繋げること」だと思います。ホームページによって目的は様々ですが、うまく伝えられるサイト作りには大切ないくつかの要素が必要です。web業界も大きくなり、たくさんの いいサイトが生まれ、クオリティもすさまじいスピードで日に日に上がってきています。

そんな中でもサイトの目的・商品の魅力・サービスの内容などをうまく「伝えること」ができているサイトは何がいいのか? を考えているわけですが。。もちろん、写真で伝える、コピーで伝える、音で伝えるなどの手法は様々ですが一貫して思うのは、”何を誰に伝えるか” をよく知ること、深く考えることが大事だなぁ、と思います。

”何を” というのは、もちろん伝えるわけですからその伝える内容についてよく知る必要があります。webでなくてもあまり知らないことを人に伝えるのは難しいし、うまく伝わらないからです。

“誰に” とうのは、伝える相手、ターゲーットの事です。ただターゲットを設定するだけでなく、そのターゲットの好みや行動を深く知ることが大事です。
次にどうやって?という問いになるわけですが、”何を誰に伝えるか” を突き詰めて考えると、どうやって?の部分が見えてきます。
そのどうやって?の手法が様々な形でビジュアル化されるわけですが、この “ビジュアル化する技術” も大切だと思います。”何を誰に伝えるか” を突き詰めて考えること、そして、”ビジュアル化する技術” だと思います。うまく伝えることができているサイト作りには、細かく言えば他にもたくさんの要素が必要ですが、とりあえずこの2つはとても大切な要素ではないかと思います。

 

pagetop